FC2ブログ
投資信託、ETFのインデックス投資で長期資産運用  FXは低レバレッジのスワップ派  世界分散投資で、目標は50歳で1億円!!  早期リタイア目指して頑張ってます!!  
プロフィール

まーぷー

Author:まーぷー
2006年10月頃から本格的に運用を始めました。ブログも運用もまだまだ未熟者です。

運用の目標は50才で1億円。 そしてリタイア。 
幸せいっぱいな将来の為に知恵を絞って頑張ります。

アクセスランキング

ブログランキング参加してます
応援お願いします!! にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
あくせすかうんたー
為替情報
FX
本日の日経新聞に2008年上半期の投資信託資金流出入ランキングがでておりました。 同じデータがより詳しくQUICK MONEYLIFEで紹介されています。↓

<2008年上半期、投信資金流入額ランキング(6月分は推計値)>


このデータによると、トップはあのグロソブ毎月決算型で、資金流入額2,929億円。 逆に流出額トップは野村アセットのマイストーリー分配型(年6回型)Bコースで、資金流出額1,160億円。

資金流入額トップ10は全て外国債券の毎月分配型!!

なんだかんだいって毎月分配型ファンドが売れているのは分かっていましたが、ここまでとは…。 私にはあまりにも理解不能な結果で驚いてしまいました。

グロソブを買っている人はなぜグロソブを買うんでしょうか?
売れてるから?
知り合いが持っているから?
銀行窓口ですすめられたから?
新聞雑誌等でグロソブの文字をよく見かけるから?

どーしても外国債券で運用する毎月分配型のファンドが欲しかったとしても、グロソブよりもコストが低くてリターンの良いファンドがあるはずです。

でもなぜグロソブなんでしょうか?

これはやはり、日本人投資家の金融リテラシー(運用リテラシー?)が低すぎるんではないかと思うんです。
株や債券、投資信託、為替、あらゆる手続きにかかるコスト等の知識がないままに、“貯蓄から投資へ”の言葉に乗せられて運用を始める人がたくさんいるからではないでしょうか?

日本は欧米先進国に比べ投資環境が劣るといわれますが、劣っているのは投資環境だけではなく、運用をしている人たちも同じなんではないでしょうか。(私自身も偉そうなことを言える立場ではないですが)

資産運用をすること自体、アメリカなんかに比べて日本人には馴染みがなかったわけですから、現時点で大きな差がついているのは仕方無いことです。 5年後10年後には日本はかわっているでしょうか?

人に勧められたものを買うのではなく、投資対象を自分で選べるようにならなくては、いつまでもグロソブが日本の投資信託の頂点に立っていることでしょう。

投資環境がよくなることを願いながら、私たち自身も金融リテラシーを高めていかないといけないな、と思わされました。

と書いてきました私自身もグロソブを持っておりました。
『投資信託について』2007年1月19日のエントリー 
今見ると恥ずかしいです。
スポンサーサイト



2008/07/05 15:39 投資信託 TB(0) CM(6)
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -